常春荘へようこそ 常春荘のえっちな管理人さん 第3話

常春荘へようこそ 常春荘のえっちな管理人さん 第3話

常春荘のえっちな管理人 無料 試し読み 無料画像 

ダウンロードは こちらです!!

▽   ▽   ▽  ▽

 

特別単価コミなび(常春荘のえっち管理人)※(ios/Android対応)

 

月々324円〜 各携帯電話会社公式サイトですので

安心してお楽しみいただけます。

 

 

第3話 常春荘の、えっちなゆれい

 

「常春荘のえっちな管理人さん」

 

3話あらすじをちょこっとご紹介します。

 

一人暮らしを始めてすぐに 住人 鳥山と 管理人 優亜が公にSEXしてるという衝撃的な現場に出くわしてしまった春弥。その後 春弥はここの住人から  常春荘がどういう いきさつで ちょっと変わった物件になったのかを聞かされたのであった。

 

今 住んでいる住人達は優亜が管理人になる前から住んでいるのである。 つまり優亜のおじいちゃんが管理人をしている頃からの住人だ!

 

管理人だったおじいちゃんは自分の娯楽と 健康と趣味も兼ねて常春荘に露天風呂を建設したのだが、なんとその露天風呂で亡くなってしまったらしい。

 

そういう経緯もあって ここの住人は露天風呂を毛嫌うようになった。更に ここの住人の一人が露天風呂で幽霊を見てしまったという噂話まで流れ、ますます露天風呂を使用する住人はいなくなったらしい。

 

常春荘の家賃は露天風呂を維持するために 他の物件に比べると 少し割高らしいのだが、 露天風呂を使わなくなったことで 何か他の方法で採算がとれるように しないといけない、、、
その結果 話として 持ち上がったのが今回の主人公 管理人 優亜さんとのHだった。他の住人から話を聞いて納得いかない様子の春弥だったが、
実はこの条件 鉄の掟と言いながらも 優亜 本人が了承して成立した話しだったのです。

 

意味が分からん、、、 春弥は 自慢の露天風呂で住民たちに聞かされた話を思い出していた。

 

そんな時、どこからともなく声が聞こえてきた 既に亡くなったはずの優亜のじいちゃんの声で・・・!!

 

美人で巨乳の管理人さんがいる常春荘は週に1回だけ管理人さんとえっちが可能!?
その日は終日、管理人さんに何をしてもOK。もちろんやることは・・・

 

ちょいとネタバレ

 

管理人の妹 (優美) 彼女の出で立ちは 黒髪のロングストレートで頭にはカチューシャ・ 半袖ブラウスとスカートを身にまとった ニーソックスをはいたの女の子が、男性のち○ぽ恐怖症を克服するため、他の住人から調達した バイブレーター相手にお口奉仕の練習をしようとするも、
始めてみるバイブに大興奮 そして振動を始めたおもちゃを見てパニックに。

 

特訓してやるよ ということで そのまま生ち○ぽにフェラチオ開始。そのまま 顔面射精を受け止めた。 絶倫の彼は それでも収まらない勃起を見て生セックスを妹に 志願。閉脚屈曲位でおち○ちんをとろとろまん○に迎え入れる初体験に発展する

 

初体験なのに対面座位から正常位で中出しを決めちゃうのであった。