保護者失格27話  つきのおまめ  ごめん

ごめん!!  その意味に込められた 訳とは  保護者失格

 

保護者失格 ダウンロードはこちら

 

 

↑  ↑  ↑  ↑

 

つきのおまめ 保護者失格  無料試し読み 無料公開画像は こちらです!!

 

月々の利用料金は 324円〜  とってもリーズナブルに 保護者失格や その他の大ヒットマンガを気軽に楽しめますよ!!

 

TL漫画を代表する 名作  つきのおまめさんの 保護者失格を 沢山の人に読んでいただけるように 紹介しています。

 

こちらのHPでは  個人的な感想で  保護者失格の記事を書いていますが、 読む人や 見る人によっては  ねたばれなどに繋がってしまう恐れがありますので  あらすじや ねたばれが知りたくない方は 純粋に 公式サイトより  保護者失格をお楽しみください。

 

 

 

 

保護者失格  第27話”ごめん”のあらすじ紹介

 

熱がある・・・

 

体調を崩してしまい  自宅のベットに横たわる  ちづる。  叔父さんとの もめごともあり 体を酷使しすぎたことによって  疲れがどっと出てしまったようです。

 

病に伏せる ちづるの姿を心配そうに見つめる  叔父さん。

 

もう大丈夫だよ!!

 

 

熱だって ほら 下がってきたみたいだし、 私だって 子供じゃないんだから 心配しなくても大丈夫だよ!! 

 

 

そう明るい表情で  叔父さんを押しのける ちづる

 

なんかあったら  すぐに電話するから !!  本当に大丈夫だから!! 心配しないで!!

 

 

ちづるの言葉に押されながらも 気が気じゃない様子の叔父さん は  じゃぁ おかゆだけでも 作っておくから食べて!!と言い残し

 

会社に行くのでありました。

 

 

叔父さんが会社に行った後  ちづるは やはり少し疲れているようで  そのままベットの中で うとうとと眠りについてしまいました。

 

パッツ!!  と目が覚めたとき  時計を見ると もうお昼・・・

 

 

小腹がすいていた ちづるは  叔父さんの作ってくれた おかゆを  食べながら 、最近あった叔父さんとのことを考えるのでした。

 

 

ベットに横たわり  布団を顔まで覆っていると  何故か普通に話すことができたけど、 やっぱりいつもの叔父さんじゃなく、  どこかよそいきの叔父さんだ!!

 

 

目に見えない壁が  何故か叔父さんとの間に生まれてしまっている・・

 

 

なぜなんだ  ・・・

 

 

 

叔父さんと  いつものように 気さくに話ができないのだろうか・・・

 

 

 

何故  叔父さんと  こんなに ギクシャクした雰囲気になってしまったのだろうか・・・

 

 

旅行の帰り  車の中で  叔父さんが言った  「 ごめん 」 という意味も 分からないし・・・

 

 

 

考えれば考えるほど  叔父さんへの思いが  悩みに代わっていく・・・・

 

 

叔父さんの思い出も  叔父さんとのやり取りも  すべて  頭の中にあるのに

 

 

 

なぜか 心には大きな穴が開いてるのでした。

 

 

 

保護者失格  26話に戻る

 

 

保護者失格  28に進む