保護者失格。一線を越えた夜 31話 下着姿で魅せる夜

【コミなび純稿】保護者失格ver5

▲全話ダウンロードは画像クリック▲

保護者失格最新話はコチラ

 

保護者失格。一線を越えた夜 31話 下着姿で魅せる夜 電子書籍 漫画

 

↑  ↑  ↑  ↑

 

保護者失格。一線を越えた夜 31話 下着姿で魅せる夜

無料試し読み 無料公開画像

各種ダウンロード 公式サイトはこちら

 

 

31話 下着姿で魅せる夜 あらすじ紹介 

 

保護者失格  第31話:下着姿で魅せる夜

 

ちづる  もう寝たのか??   叔父さんが ちづるの事が気になって 部屋に行くと  帰宅前に立ち寄った ランジェリーショップで購入した  めっちゃヤラシイ 下着姿に身を包んでいる ちづるの姿がそこにはありました。

 

この 見たこともない  とてつもなく ヤラシイ姿に  叔父さんは部屋の電気を消したことは 言うまでもありません。

 

しかしこの行動は  ちづるからすれば  叔父さん 私の事を  もっとよく見てほしいという  訴えだったのかもしれませんが、 あわてて電気を消したものだから ちづるからすると 少しさびし寂しい気持ちで 涙が少し滲んでしまうのでした。

 

そこ行動を悟ったのか叔父さんが 再び電気をつけると  見たことのない  大人の雰囲気の ちづるのとてつもなくヤラシイ 下着姿が・・・

 

上下キャミソールのような ヤラシイ レース仕様で 下に関しては  オマン〇の部分が  

 

クパァ〜と  開いてしまうような  超ヤラシイ 誘惑下着・・・・笑

 

 

始めてみる 超 ヤラシイ ちづるの下着姿を目で堪能し  

 

そして  指と 舌と 口とで  コリコリになった  アレを

 

ゆっくりとほどいていくのでした。

 

 

そして  下着を履いたままでも 挿入できる 魅惑の ランジェリーなので  そのまま  ちづるの オマン○ の中に  ギンギンになった 叔父さんの おちん○を

 

ズブズブ と 鈍い 音を立てながら ぶち込んでいくのでした。

 

普段とは違い  超絶 やらしいシタギスガタニお互いが いつもより興奮し  いつもより おちん○が オマン〇の中に 吸い付くように ねっとりを
絡みついているのでした。

 

 

今すぐ読みたい方は  こちらをクリック

 

↓  ↓  ↓  ↓

 

 

保護者失格。一線を越えた夜 31話 下着姿で魅せる夜

 

 

保護者失格  30話に戻る

 

 

保護者失格  32話に進む