保護者失格 第14話 つきのおまめ  あらすじ紹介

保護者失格。一線を越えた夜 第14話 ちづるが小学生の時のおはなし

保護者失格。一線を越えた夜 第14話 ちづるが小学生の時のおはなし ネタバレ注意 R18 漫画 無料 つきのおまめ

 

おはようございます。 カレーライスは飲み物と認識している管理人です!!

 

本日も 保護者失格。一線を越えた夜 第14話ちづるが小学生の時のおはなしのあらすじ、公開します!!

 

 

今回第14話に描かれている作品は なぜかしみじみと心温まる作品となっています。 Hなシーンはありませんが 保護者失格 の確信的な部分に踏み入りますので、 是非本編の内容を自分の目で見ていただき  考えていただければと思います。

 

 

 

保護者失格。一線を越えた夜 第14話ちづるが小学生の時のおはなし

 

保護者失格 無料試し読み
無料画像ダウンロードは こちらの 画面をクリックしてください!

 

↓   ↓   ↓   ↓

 

保護者失格ダウンロードはこちら

 

 

スマホの方は 画面をタップ

 

 

保護者失格。一線を越えた夜 第14話のあらすじを紹介します。

 

 

女    そんなの 無理よ・・・  じゃぁ 別れましょう・・・・・

 

男     わかった・・ 別れよう・・・・

 

女    その子を育てるなんて・・・・・・

 

 

 

表情の冴えない大人の男と女 その様子を幼い姿のちづるが心配そうにこちらを見ている  何か具合でもわるいの? 叔父さん?

 

ん なんてことないよ 何も心配する必要はないよ!!

 

幼いちづるは自分が置かれている環境がよくわかってわかっておらず、 この後自分の身に起こる物語をこの時は知る由もなかった。

 

両親を亡くしたちづるを引き取る為に 叔父さんは婚約していた彼女と別れていたのでした。

 

 

 

目の前にした婚約を破棄し ちづるの為に人生をささげた自分自身に後悔したこともあった、 後悔なんてしていない!!! って言うのは嘘になる・・・

 

でも 引き取ったちづるの愛くるしい笑顔を見ていると 俺のとった判断は間違ってないと思うのであった。

 

 

 

ちづるが亡くなった時に 自分の人生を犠牲にして 子供の未来を救おうとする姿がとてもかっこいいです。 自分のことが精いっぱいで 他人の事なんて構えませんから、 叔父さんは どんだけ人間としての 心の器がひろいのでしょうか!!

 

叔父さんに引き取られたちづる!!叔父さんとの生活も慣れてきたようだった

 

 

そのころから ちづるが  お  お父さん!!・・・と  呼ぶようになり始めたのでありました。

 

 

 

咄嗟の状況で 不意に言葉が出た際に よく間違えることがあるので  きっと 叔父さんと呼ぶところを お父さんと 読んでしまったんだと思いましたが、 実は ちづるなりの深い意味があったのでありました。

 

 

その深い理由とは   

 

 

保護者失格 つきのおまめ  13話に戻る

 

 

保護者失格 つきのおまめ  15話に進む